アメリカで人気に火がつき、若者を中心に1つの文化を形成しつつあるのが電子タバコVAPEです。リキッドを電気的に加熱することで、水蒸気となった煙を吸って楽しむ製品です。さまざまなフレーバーがあり選ぶにも困るほどの種類があるリキッドが販売されているのが特徴です。クールな味から、フルーツなどマイルドな香りなど、さまざまな需要に応えます。禁煙時に利用する場合もありますが、もはや若者文化の1つとして浸透しつつあるのが特徴です。外見もスタイリッシュでオシャレなものが販売されています。そのため、ちょっと試してみたいといった初心者にとっては、どれを選べば良いかわからないケースがあるようです。そんな各社で用意しているスターターキットを購入する方法が無難です。最低限の機能がカバーされており、電子タバコを楽しむために必要なアイテムが、全てパッケージングされています。

電子タバコVAPEの基礎知識

電子タバコVAPEは専用カートリッジに充填されたリキッドを加熱することで、水蒸気にする機能を持った製品です。白い水蒸気を吸い込むことで、外見上、タバコのように楽しむことができるのが特徴となっています。リキッドは香り付けされており、たくさんの種類のフレーバーを選ぶことができます。通常使用時は、充電が必要となります。USB端子から充電可能となっていますのでパソコンに接続したり、スマホ充電器を利用することが言えます。タバコで発生するようなタール等の有害物質は発生しませんが、アメリカ国内では健康被害の報告もありあますので、一概に無害とは言えない部分があります。また、年齢制限はありませんが、法律の整備が追いついていないという現状です。販売店の自主的な規制により、20歳以上の方に限定して販売している場合もあります。

電子タバコVAPEの利用スタイル

電子タバコとして認知されつつVAPEは、従来の喫煙者からの転用組と、ファッションの一部として楽しむ新規組の2つに大きく分けられます。香りづけされたリキッドを熱して、水蒸気を発生させるしかけとなっていることから、受動喫煙の心配がありません。周囲に迷惑をかける可能性が極めて低くなることから、気兼ねなしに利用できる点も利用者にウケている理由の一つです。ただし、白い煙は出ますので、図書館など公共施設で利用するのは、モラル上避けておくのが無難でしょう。電子タバコを知らない人から見れば、本物のタバコを吸っているのと区別がつかない場合もあります。電子タバコにはさまざまフレーバーがあります。多種のフレーバーを混同して、自分だけの電子タバコを作ってみたり、爆煙タイプを試したりと、様々な利用スタイルがあります。ただし、フレーバーの混合については、保証外の場合もありますので注意してください。