リキッドを熱して水蒸気化する電子タバコVAPEは、副流煙など有害物質が発生しません。周囲の人達にとって迷惑になりにくいと製品です。一方、健康被害については、全くないとは言えず、アメリカでは電子タバコの使用によって呼吸器疾患などいくつか報告されているというのが現実です。日本国内ではタバコの喫煙は20歳以上と法律で決められていますが、電子タバコVAPEについては年齢を制限する法律がまだありません。法律上の整備が追いついていない状況ですので、何歳でも許可されているというわけではありません。現状は、販売する店舗の自主規制で20歳以上に限定しているところがある程度です。そもそもタバコに模した製品ですので、未成年が使用すればタバコと誤認されるケースもあります。また、健康被害についても報告されていますので、いずれ法律で規制されることになりますので、未成年は使用しないのが無難です。

VAPEの禁煙スペースでの利用

電子タバコVAPEは、香りがついたリキッドを電気の力で熱することで、水蒸気にする製品です。副流煙が発生しないため受動喫煙の心配がありません。その点、タバコに比べて、気軽に使用できるといった安心感があります。しかし、タバコのように白い煙(水蒸気)を吸うスタイルとなりますので、認知されていない場所ではタバコと誤認される可能性があります。したがって、禁煙スペースで、電子タバコVAPEを使用するのは、避けるようにしましょう。害がないから、タバコではないからといった理由で、禁煙スペースであえて利用する行為はトラブルの元です。また、副流煙が発生しないといっても、水蒸気は発生しますので、それを嫌がる人の前で使用する行為も迷惑になります。食事をする場所や、公共の場所などでの利用は避けるなど、時と場合を考慮の上、モラルを持った行動が望まれます。

電子タバコのVAPEはファッション性も強いです

VAPE(ベイプ)をご存知でしょうか。オシャレなフォルムの電子タバコです。こちらは、禁煙用に作られた電子タバコとは違い、ファッション性も強く海外では大人気です。本来、電子タバコと言えば、ミントやフルーツなどの香料を熱し、疑似の煙を吸い込むことで、禁煙の道具の一つとして考えられてきました。しかし、このVAPEは、たくさんの香りがあり、女性にも人気が高いです。タバコの副流煙は体に害があり、吸わない方にとっては有害でしかありませんでしたが、このVAPEは煙ではなく水蒸気が出ていますので、害はありません。そして、香りもタバコ独特の臭いはしませんので、髪や服についても気になりません。電子タバコは初期投資が多少かかりますが、一日一箱タバコを吸う人よりも一か月でみた時に安く済んでいます。禁煙を考えている方は、一度試してみてもいいかもしれません。

ニコチン入りリキッドを個人輸入で入手することが可能 信頼のおけるイギリス製リキッドは、単品1000円。 世界40カ国での販売実績の電子タバコブランドが日本初上陸!電子タバコトップブランドです! リバティフライツ社は世界40カ国での販売実績があり、英国内20店舗以上での実店舗販売を行っています。 禁煙、減煙にも役立ち、タバコを吸っている臨場感を味わいながら徐々に減煙ができます。 VAPEの販売はこちら【信頼のトップブランド】